Osa Log

おさださとしのブログ
画材、制作方法について

 2007年、主に用いる画材をクレヨンから色鉛筆へと、

徐々に移行していった。


 画材を色鉛筆にすることで、より線を選びながら描き、

より丁寧に塗り込むようになった。

それ以前は日記のように1日1枚を基準に、

A4或いはB5程度の紙に描いていた。


 画材を変えてからは、ポストカード程度の紙に

9色ボールペンでエスキースを描くようになった。

選び抜いたエスキースを基にA3或いはA4程度の紙に描くようになった。


 2009年頃からは縦横1メートル以上の紙に描くことも多くなり、

2011年からは約A3サイズの紙を数枚繋ぎ合わせた作品を制作している。

| ステイトメント/ Statement | 21:46 | comments(1) | trackbacks(0) |
ステイトメント/ Statement, February 2011
 大学時代より画像解釈学の宮下誠教授に師事し、20世紀絵画の巨匠、スイス出身の
パウル・クレーをはじめとした抽象絵画を研究しながら絵を描いている。紙に色鉛筆と水彩、時にアクリルや墨汁を用い、浮世絵や80年代のテレビゲームのように鮮やかな色面で区切り、シンプルな形態を描きだす。

 近年、アクション・ペインティング、特にアメリカの抽象画家、サム・フランシスを研究することでドリッピングを取り入れ、鮮やかでシンプルな画面を破壊することで再構成し、より一層斬新な絵画に仕上げている。更に、パウル・クレーが独自の方法で試みたコラージュをヒントに、支持体である紙を切断したり、わざと丸めて皺をつけたりして破壊し、または数枚の紙を組み合わせて1枚に繋げて再構成している。

 抽象絵画の祖と言われているアーティストたちと同様に、イメージを想像させる音楽の抽象性に惹かれ、電子音楽のメロディー、リズム、ハーモニー等を絵画化し、リミックスするようにドリッピングしたりコラージュしている。 

2011年2月 長田哲


 I draw and paint on the basis of study on the 20th-century abstract paintings,  especially those by Paul Klee, pursued since my college years under the instruction of Makoto Miyashita, a professor of iconology. I segment the surface by vividly colored subsurfaces and draw simple forms, just as in ukiyo-e and 80's video games, using colored pencils and watercolors, sometimes with acrylic and Indian inks.

 Recently, I introduced dripping technique into my work on the basis of study on action painting, especially that of Sam Francis, to disturb and further vitalize vivid and simple surfaces. Furthermore, given a hint by Klee's unique collage, I cut or wrinkle papers, my support media, and combine several of them to reconstruct them into a paper.

 I am, like mothers and fathers of abstract painting, fascinated by abstractness of music stirring the imagination, so I use methods of dripping and collage as if picturizing and remixing melody, rhythm, and harmony of electronic music.

February 2011, Satoshi Osada
| ステイトメント/ Statement | 21:36 | comments(12) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
芸術とむきあう方法―低く架ける
芸術とむきあう方法―低く架ける (JUGEMレビュー »)
ヴォルフガング ウルリヒ,満留 伸一郎
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
チュルリョーニスの時代
チュルリョーニスの時代 (JUGEMレビュー »)
ヴィータウタス・ランズベルギス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
トゥルー・ロマンス
トゥルー・ロマンス (JUGEMレビュー »)
ゴールデン・シルヴァーズ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE